m3.com トップ>医療維新>レポート|参議院議員選...>負ければ「医師会の存在価値が沈下」の声も、羽生田氏出陣式

負ければ「医師会の存在価値が沈下」の声も、羽生田氏出陣式

上位当選の必要性も強調

2013年7月4日 池田宏之(m3.com編集部)


7月4日に参院選が公示されたのを受けて、日本医師連盟の副委員長で、日本医師会の組織内候補である羽生田俊氏の出陣式が同日、都内で開かれた。応援のあいさつに立った人々からは、「(負ければ)存在価値が地盤沈下する」などと危機感を示す声も上がり、医師会の組織力を試す選挙との位置付けで、羽生田氏は、上位当選に向けての意気込みを見せた。「すべての人にやさしい医療を」とのスローガンを紹介した、日医の組織内候補である羽生田俊氏。羽生田氏は自民党公認で、30人弱が立候補している全国比例区からの出馬。出陣式には、都...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事