m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>自民は「実質無回答」、全医連アンケート

自民は「実質無回答」、全医連アンケート

7政党から回答、医師の勤務環境改善には温度差

2013年7月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医師連盟は、7月21日の参院選を控え、各政党に対して医療の今後の方向性についてアンケートを実施、このほど公表した(資料は、全医連のホームページに掲載)。7月8日の締切までに回答したのは、日本共産党、生活の党、民主党、自民党、社民党、みんなの党、日本維新の会の7政党(回答順)。質問内容は、(1)医療、介護に対する基本的考え、(2)保険診療の取るべき方向、(3)看取りの問題、(4)医師養成数、(5)医療機関の再編、集約化、機能分担、(6)医師の労働基準法準拠と医療従事者労働環境改善、(7)医療事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事