m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>日医・羽生田氏、開票後10分で「当確」

日医・羽生田氏、開票後10分で「当確」

「シンクタンクは日本医師会」と決意新たに挨拶

2013年7月21日 橋本佳子(m3.com編集長)


7月21日の午後8時10分、NHKで、自民党から参院選(比例代表)に立候補した羽生田俊氏の「当確」が出ると、日医会館に詰めかけていた日本医師会役員、支援者らから歓声と盛大な拍手が沸き起こり、最前列に座っていた羽生田氏本人はすぐさま立ち上がり、深々と頭を下げた。午後8時の開票からわずか10分、今年1月に日本医師連盟推薦候補に決まってから約半年の選挙戦が終わった瞬間だった。「当確」後、午後8時15分頃挨拶する羽生田俊氏。大型テレビモニターが置かれていた会場は、すぐさま羽生田氏の挨拶の舞台に早変わり。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事