m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>日医・羽生田氏25万票で当選、自民・古川氏も

日医・羽生田氏25万票で当選、自民・古川氏も

梅村元厚労政務官は落選、全医師候補当落リスト

2013年7月22日 島田 昇(m3.com編集部)


7月21日に投開票された参院選で、医師資格を持つ候補者の当落が出そろった。主要9政党のうち、日本医師会副会長の羽生田俊氏が比例で初当選するなど、自民党の医師候補2人がそろって当選し、みんなの党と日本共産党もそれぞれ議席を確保(詳細は『日医・羽生田氏、開票後10分で「当確」』を参照)。一方、元厚生労働政務官で大阪選挙区の梅村聡氏が落選するなど、民主党と日本維新の会は全ての医師候補者が落選した。自民党は、羽生田氏の得票数が24万9818票。埼玉選挙区の古川俊治氏は得票数100万725票、得票率34....

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事