m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>医療への関心薄い自民党、「経済成長」を強調

医療への関心薄い自民党、「経済成長」を強調

社会保障政策の扱い不透明さ残す

2013年7月22日 池田宏之(m3.com編集部)


7月21日に実施された参院選で、自民党は、改選議席の半数を上回る65議席を獲得し、参議院で安定多数を得た。同日夜、安倍首相や石破茂幹事長は、記者会見やテレビ出演などで自らの考えについて述べたが、「経済成長」などの「攻め」の政策に、話題は集中。日本医師連盟の組織内候補である羽生田俊氏らが訴えてきた「国民皆保険の堅持」などの「守り」の政策についての言及はなく、党内の関心の薄さが伺えた。「経済成長」の重要性を強調し続けた安倍晋三首相は、アベノミクスへの自信も見せた。アベノミクスへの「信任選挙」自民党本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事