m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>研究医の養成、見直しは必要か

研究医の養成、見直しは必要か

臨床研修との関連では委員の意見が対立

2013年7月22日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省の医道審議会医師分科会の医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)は7月18日、第4回会議を開き、研究医の養成などについて議論した。臨床研修期間中の研究医養成について、将来の基礎研究の教員確保や国内の医学研究の推進を考慮して見直しを主張する意見と、2010年度からの医学部定員増で「研究医枠」が設けられていることなどから見直しに慎重な意見が対立した。厚労省は、研究医の養成について、(1)臨床研修期間中の大学院における研究についてどう考えるか、(2)臨床研修に集中すべきとの意...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事