m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|参議院議員選...>「皆保険堅持」言及せず、安倍首相会見

「皆保険堅持」言及せず、安倍首相会見

経済成長の「最優先」を明言

2013年7月22日 池田宏之(m3.com編集部)


自民党が参院選で勝利したのを受けて、安倍晋三首相は7月22日、自民党本部で記者会見し、社会保障や外交などについて「強い経済なくして、成り立たない」との認識を示し、当面、「経済成長」に力を集中することを明言した。社会保障制度改革については「(社会保障制度改革)国民会議の議論を取りまとめて、立法化する」とだけ述べるにとどまった。「国民皆保険の堅持」や「混合診療の全面解禁の禁止」といった、現在の社会保障制度を維持するための方策には触れなかった。自民党などの与党が、衆参両院で安定多数を確保し、今後3年間...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事