m3.com トップ>医療維新>レポート|参議院議員選...>羽生田氏当選も30万票の目標に及ばず

羽生田氏当選も30万票の目標に及ばず

医師会、「盤石な組織」と言えない側面も

2013年7月23日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医師連盟の組織内候補として出馬し、24万9818票を獲得して当選した羽生田俊氏(『日医・羽生田氏、開票後10分で「当確」』を参照)。日医連は、2007年、2010年と2回の参院選で推薦候補者を国会に送り込めなかったため、全力を挙げて支援し、羽生田氏自身も1月の立候補決定以来、全都道府県を巡り、支持の拡大を図ってきた。羽生田氏は自民党比例代表内でも6位の得票数で当選したものの、日医連の掲げた「30万票」の目標には届かなかった。自民党への追い風が吹いた状況もあり、「盤石な組織が復活した」とは言い...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事