m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度、剰余金で12億円の運用益も

産科医療補償制度、剰余金で12億円の運用益も

掛金の返還求める分娩機関の代理人が指摘

2013年7月26日 島田 昇(m3.com編集部)


産科医療補償制度が多額の剰余金を出している問題で、同制度の運営組織である日本医療機能評価機構に対して掛金(保険金)の一部返還を求めている妊産婦と分娩機関の代理人を務める弁護士の井上清成氏は、7月25日に厚生労働省内で記者会見し、保険会社における剰余金の運用益を明らかにするなど、制度の金銭的な面について情報開示を強化するよう求めた。井上氏の試算によると、日本医療機能評価機構は12億円もの運用益を得ている可能性がある。産科医療補償制度の運営委員会(座長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)が7...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事