m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科補償「保険会社がもうけるためか」、不満続出

産科補償「保険会社がもうけるためか」、不満続出

医療保険部会、日本医療機能評価機構は明確に回答せず

2013年7月26日 池田宏之(m3.com編集部)


厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会(部会長:遠藤久夫・学習院大学経済学部教授)が7月25日に開かれ、産科医療補償制度について、毎年発生する100億円を超える剰余金の扱いについて、保険者の代表者が、保険会社に手厚い制度であることを指摘し、「保険会社をもうけさせるための制度」などと指摘し、保険者への返金を求めるなど、委員から不満が相次いだ。厚労省は制度についての最終的な決定権は同部会にあることを認めたが、日本医療機能評価機構は、剰余金の扱いなどについて、あいまいな説明に終始した(資料は、厚労省の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事