m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>「条件が合えば、医師不足地域で働く」

「条件が合えば、医師不足地域で働く」

入局予定者は7割、臨床研修修了者アンケート

2013年8月8日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)は8月8日の会議で、2013年3月に臨床研修を修了した研修医を対象に実施したアンケートの中間報告が公表された。その結果、「医師不足地域への従事について」の質問に、「条件が合えば従事したい」との回答が55%に上り、「現在、医師不足地域の医療に従事している」の5%を合わせると、6割に上ることが明らかになった。「条件にかかわらず希望しない」は19%にとどまる。「条件」で最も多かったのは、「一定の期間に限定されている...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事