m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>臨床研修改革、東京や京都への打撃必至

臨床研修改革、東京や京都への打撃必至

次期見直しの基本的方針、おおむね固まる

2013年8月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)が8月8日に開催され、臨床研修制度の見直しの基本的方針をおおむね了承した。9月の次回会議で報告書のたたき台が提示される予定で、今年中に報告書をまとめる。制度見直しは、2014年度募集、2015年4月開始の臨床研修に反映される。焦点の一つ、募集定員の激変緩和措置は廃止する方針。臨床研修制度を医師の地域偏在是正につなげるため、都道府県別および病院別の募集定員の上限が、2010年度から設定された。その際、募集定員の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事