m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>“大学離れ”進む、研修医は過去最低に

“大学離れ”進む、研修医は過去最低に

2013年度実績、6都府県の割合も最低

2013年8月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省は8月20日、2013年4月開始の臨床研修医の採用実績を公表、大学病院の採用実績の割合は42.9%で、2004年度の新制度開始以来、最低になったことが明らかになった(資料は、厚労省のホームページに掲載)。研修医の都市部への集中が指摘されているが、現実には6都府県(東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県)の採用実績の割合も45.5%で、2004年度の新制度開始以来、最低になっている。2013年度から臨床研修を開始したのは、計7674人。大学病院の採用実績の割合は、2003年度は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事