m3.com トップ>医療維新>医師調査|ITが変わる...>「学会の開催はネットで」6割◆Vol.6

「学会の開催はネットで」6割◆Vol.6

半数超が診断・治療支援に期待

2013年8月22日 島田 昇(m3.com編集部)


Q.9「2025年」に向けて、ITの活用で期待する役割は何ですか(複数選択)。社会保障・税一体改革の節目である「2025年」に向けて、IT活用に期待する役割を複数選択で聞いたところ、日常診療で最も多かったのは「医師の診断支援」63.4%で、「医師の治療支援」(54.6%)、「診断書、紹介状などの作成支援」(53.8%)でも半数を超えた。診断、治療、文書作成支援の三大需要に続き、「薬剤の副作用の早期検出機能」(47.6%)、「症例データベースの一元化」(41.6%)、「患者の予後予測の機能」(33...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事