m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>コメディカルの業務拡大に慎重論続出◆Vol.56

コメディカルの業務拡大に慎重論続出◆Vol.56

「各職種の専門性高める前向きな議論を」の声も

2013年8月28日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は8月26日、医師、看護師以外の医療関係職種の業務範囲の見直しなどについて検討する「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」(座長:山口徹・虎の門病院院長)の第12回会議を開催した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。法律改正を伴う薬剤師や救急救命士などの業務の見直しについて議論したが、「特殊な事例への対応のために法改正を検討するのはいかがなものか」、「チーム医療を推進するための議論ではない」などの指摘が続出。一方、「各職種の専門性を高めるための前向きな議論を」など、コメディカルの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事