m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>約670億円の剰余金、「将来の掛金に充当」

約670億円の剰余金、「将来の掛金に充当」

妊産婦らに返還せず、掛金見直しは2015年1月の方針

2013年8月31日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の運営委員会(委員長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)が8月30日に開催され、2009年の制度開始からの5年間で約670億円に上ると試算される剰余金の取り扱いを議論、同制度を運営する日本医療機能評価機構は「将来の掛金に充当する」案を提示、おおむね委員の支持が得られた。剰余金が多額に上るのを受け、保険者から掛金(保険料)の2014年1月からの見直しを求める声が上がっているが、分娩機関の混乱を避ける目的などから当初の予定通り2015年1月から見直す方針でほぼ合意した。委員長...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事