m3.com トップ>医療維新>レポート|医師臨床研修...>研修医の募集定員、2015年度から上限設定へ

研修医の募集定員、2015年度から上限設定へ

初年度は希望者数の1.2倍、2019年度は1.1倍に減少

2013年9月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会(部会長:桐野高明・国立病院機構理事長)は9月12日の会議で、報告書のたたき台について議論した。今回の見直しは2015年4月開始の臨床研修が対象になる。最大のポイントは、研修医の募集定員を現行の研修希望者数の約1.237倍から、2015年度は1.2倍程度、2019年度には1.1倍程度に減らす方向性が打ち出された点だ。前回の会議でほぼ合意を得ていた(『臨床研修改革、東京や京都への打撃必至』を参照)。研修希望者数と募集定員に開きがあることが、研修医の地...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事