m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>「自国語」の医学書を持つのは例外的

「自国語」の医学書を持つのは例外的

僕が翻訳に携わるのは「自分のため」

2013年9月19日 岩田健太郎(神戸大学大学院医学研究科・微生物感染症学講座感染治療学分野教授)


献本御礼。新潟大学小児科教授の齋藤昭彦先生は非常にストイックな方である。それは本書(編集部注『ネルソン小児感染症治療ガイド』)の「監訳の序」を読んでも分かる。「帰国して、まもなく5年の歳月が経とうとしているが、私は翻訳の仕事を自ら進んで行ってこなかった。なぜなら原著に勝る本はなく、翻訳することで原著者の意図するところが変わり、本来の意味が伝わらない可能性があるからだ。また特に若い人たちには常日頃から英語で医学を勉強することの重要性を伝えており、翻訳されたものがあると英語に触れる機会が少なくなって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

The Voice(医療)に関する記事(一覧

学年LINEで試験情報の交換、今時医学生事情◆Vol.3 2018/4/1

毎月14万円の借り入れ、医学部学士編入生の懐事情◆Vol.2 2018/3/18

34歳で医学部2年生、学士編入生のリアル◆Vol.1 2018/3/11

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18