m3.com トップ>医療維新>医師調査|気になる論点...>医療の国への貢献「今後ない」が5割弱◆Vol.12

医療の国への貢献「今後ない」が5割弱◆Vol.12

「貢献はこれからが本番」との声も

2013年9月27日 池田宏之(m3.com編集部)


Q11では、高齢化や人口減少などの不安材料がある中、「未来の日本に、医療が貢献できることがあるか」を、2択で聞き、具体的内容も自由回答で聞いた(調査概要は、『4割弱が「65歳までに引退」◆Vol.1』を参照)。あらかじめm3.com医師会員から質問を募集した調査では、会員から「少子化による国力の衰退やソブリンリスクの上昇など、国の存続そのものを揺るがす問題に対して、医療は何ができるのか。何もできないと割り切るべきかを聞きたい」とする声があった。Q.11未来の日本に医療が貢献できることは?結果を見...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事