m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>薬剤師、在宅での調剤業務見直しへ◆Vol.57

薬剤師、在宅での調剤業務見直しへ◆Vol.57

コメディカル3資格の業務範囲を拡大、厚労省作業班

2013年9月26日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は9月26日、医師、看護師以外の医療関係職種の業務範囲の見直しなどについて検討する「チーム医療推進方策検討ワーキンググループ」(座長:山口徹・虎の門病院院長)の第13回会議を開催した。チーム医療におけるコメディカルの業務範囲の見直しについては、日本薬剤師会と18の医療系職能団体から成る「チーム医療推進協議会」から要望が出ていた(『コメディカルの業務拡大に慎重論続出』を参照)。今回、前回までの会議で見直しが考慮されるべきと判断され、法改正の必要がある薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事