m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>なぜ抄読会は続かないのか

なぜ抄読会は続かないのか

「惰性化」を減らすのがポイント

2013年9月30日 倉原優(呼吸器内科医)


・はじめに「継続は力なり」という言葉があります。大正・昭和に住岡夜晃という宗教家が残した言葉であることはあまり知られていません。「英語文献の抄読会を開催しよう!」と意気揚々と抄読会を立ち上げても、いつの間にか立ち消えになってしまった経験のある医師は少なくないはずです。そもそも、忙しい仕事の合間を縫って抄読会を継続すること自体のハードルが高いのです。抄読会(しょうどくかい)という言葉は、医療従事者でなければ耳にすることはないと思います。というのも、一般的に認知されている言葉ではないからです(ほとん...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

The Voice(医療)に関する記事(一覧

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18

ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像 2016/5/16

震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む 2016/5/13

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/5/11