m3.com トップ>医療維新>オピニオン|The Vo...>英語抄読会で学会発表が怖くなくなる?

英語抄読会で学会発表が怖くなくなる?

パワポ活用と座長の設定で「惰性化」防ぐ

2013年10月1日 倉原優(呼吸器内科医)


・当院の抄読会前回(編集部注:『なぜ抄読会は続かないのか』を参照)の続きです。今回は当院で実際に行っている抄読会を紹介します。当院の抄読会には、実はいくつかルールがあります。別に明示しているわけではないのですが、発案した先生のセンスが光るルールだと思います。以下にそれらを列挙します。●日本語は一切禁止●演者は1つの論文をパワーポイントに英語でまとめて15~20分程度で発表すること●演者は聴衆に向かって立ってしゃべること●発表の後、質疑応答の時間を5~10分設けること●演者は質疑応答も含めすべて英...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

The Voice(医療)に関する記事(一覧

「高野病院を支援する会」運営の舞台裏 2017/2/11

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/10/5

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/9/28

「かかりつけ医以外」への受診時定額負担の導入に反対 2016/9/3

北米現地レポート 2016/8/23

地域包括ケアを破綻させる論拠不在の経団連の主張に反論 2016/8/10

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/24

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/23

北米現地レポート 2016/6/16

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/6/9

在宅医療×EBMのケーススタディ 2016/6/2

私達のカラダの情報と未来 2016/5/29

化学療法に用いた針は、ジップロックに入れるべきか 2016/5/27

北米現地レポート 2016/5/24

創設趣旨を逸脱、歪曲する産科医療補償制度の暴走を批判 2016/5/22

一発で診断できる名医はそんなにいない 2016/5/22

在宅医療で必要なフィジカルアセスメント 2016/5/18

ジカウイルス感染症――神経親和性が引き起こす多彩な病態像 2016/5/16

震災と感染予防。キャッチアップ・スケジュールの制度化を望む 2016/5/13

オーストラリアの薬局解体新書~日本の保険薬局の今後を考える~ 2016/5/11