m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>「医師型思考」の看護師養成を◆Vol.58

「医師型思考」の看護師養成を◆Vol.58

特定行為は「看護学」ではなく「医学」の視点で

2013年10月2日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省は10月2日、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキンググループ」(座長:有賀徹・昭和大学病院院長)の第35回会議を開催した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。看護師が行う難易度の高い診療の補助行為「特定行為」の研修方法を議論。研修方法の大枠は、個別の特定行為の研修と、全ての特定行為に共通する基本的な知識や技能の習得を目的とした研修の2つに分ける方針で検討しており、会議では基本的な知識や技能の習得について議論が集中した(『チーム医療のキーパーソンは看護師』を参照)。特定行為の研...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事