m3.com トップ>医療維新>レポート|チーム医療推...>看護師の業務範囲拡大、具体案を了承◆Vol.60

看護師の業務範囲拡大、具体案を了承◆Vol.60

41の特定行為と研修制度、薬剤師の在宅業務も見直し

2013年10月30日 島田 昇(m3.com編集部)


厚生労働省の「チーム医療推進会議」(座長:永井良三・自治医科大学学長)は10月29日、第20回会議を開催した。看護師のほか、薬剤師、診療放射線技師、臨床検査技師の3資格の業務範囲見直しが提示され、大筋で了承された。近く、社会保障審議会医療部会に報告し、議論した上で、来年の通常国会に関連法案が提出される見通し。チーム医療推進会議は今年3月、看護師の業務範囲を拡大し、難易度の高い診療の補助行為である「特定行為」を行うための研修制度の創設を了承したことを受け、「チーム医療推進のための看護業務検討ワーキ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事