m3.com トップ>医療維新>医師調査|終末期医療の...>「患者と終末期のトラブルあり」は23%◆Vol.2

「患者と終末期のトラブルあり」は23%◆Vol.2

大半が「治療方針」と「精神的動揺」

2013年11月11日 島田 昇(m3.com編集部)


Q.2終末期医療において、患者本人や家族とトラブルがあった経験はありますか。終末期医療における患者本人や家族とのトラブルの有無を聞くと、「ない」としたのは77.3%で圧倒的多数だったが、「ある」とした医師も22.7%存在した。Q.3具体的には終末期医療において、患者本人や家族とどのようなトラブルがあったのですか(複数回答、N=68)。終末期医療における患者本人や家族とのトラブルが「ある」とした医師に対し、具体的なトラブルの内容について聞くと、「治療方針へのクレーム」が55.9%で最も多く、次いで...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事