m3.com トップ>医療維新>レポート|規制改革会議>医療提供体制、都道府県の計画一元化を

医療提供体制、都道府県の計画一元化を

医療機関に競争促す外部評価の公表も

2013年11月11日 島田 昇(m3.com編集部)


政府の規制改革会議で医療分野を担当する作業班「健康・医療ワーキング・グループ」(座長:翁百合・日本総合研究所理事)は11月8日の第12回会議で、「最適な地域医療の実現に向けた医療提供体制の構築」に関する論点をまとめた。総論としては、各都道府県で現在策定している「医療計画」「介護保険事業支援計画」「医療費適正化計画」「地域医療再生計画」などの計画を一元化するよう要求。その際には、情報通信技術(ICT)を全面的に活用して効率化することも求めている。医療機関の競争を促す必要性もあると言及。保険者などが...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事