m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「真実説明と謝罪」で訴訟が減少、全社連

「真実説明と謝罪」で訴訟が減少、全社連

医療の質・安全学会シンポ、日赤でも実践

2013年11月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


11月23日の第8回医療の質・安全学会学術集会のシンポジウム「真実説明と謝罪を普及させよう」で、全国社会保険協会連合会事業部患者安全推進室長の遠田光子氏は、全社連が2008年6月に作成した「医療有害事象・対応指針」の成果を発表した。全社連は全国で48の病院などを運営するが、「真実説明」「謝罪」「医療メディエーション」などさまざまな取り組みの結果、医療訴訟は指針作成以降減少し、これまでに全体で2件にとどまり、訴訟関係の保険料も半額近くにまで減少したという。全社連では、本部が各病院の対応を支援する体...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。