m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>訴訟減少などの提示で、理解求める方針

訴訟減少などの提示で、理解求める方針

産科補償運営委員会が医療保険部会への対応検討

2013年12月13日 池田宏之(m3.com編集部)


産科医療補償制度の運営委員会(委員長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)が12月12日に開催され、制度見直し案に強い反発が出た12月5日の厚生労働省社会保障審議会医療保険部会での指摘点について、理解を得るための方策を話し合った(『産科補償見直し案に保険者ら反発、医療保険部会』を参照)。2009年の制度開始から5年間の運営の成果や、訴訟が減少した資料などをまとめる方針となった。運営委員会は月内にもう一度開かれ、資料をまとめ、社保審医療保険部会で理解を得て、当初の予定通り2015年1月から制...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事