m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>「31週以上かつ1400g以上」、7学会が支持

「31週以上かつ1400g以上」、7学会が支持

社保審医療保険部会に改めて説明する方針

2014年1月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の運営委員会(委員長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)が1月17日に開催され、厚生労働省の社会保障審議会医療保険部会への説明方針について議論した。本運営委員会では、2015年1月から制度を見直す方針だが、社保審医療保険部会から変更の根拠が曖昧であるなど、異論が出ていたためだ(『産科補償見直し案に保険者ら反発、医療保険部会』、『訴訟減少などの提示で、理解求める方針』を参照)。周産期医療関連の7学会の意見などを新たな資料として追加し、1月20日の同部会で改めて説明し、了承を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事