m3.com トップ>医療維新>インタビュー|医論争論 2...>地域の努力の差が医療提供体制の差に - 荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.2

地域の努力の差が医療提供体制の差に - 荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.2

「病床機能報告制度」は需給把握の有力ツール

2014年1月28日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――医療部会では、「医療資源の適正配置に対する都道府県知事の動機と道具を明確にしてほしい」と主張されていた。動機としては、地域医療ビジョンの中にも入ってくると思いますが、地域包括ケアシステムの構築も挙げられます。「キュアからケア」という大きな流れの中で、医療はどのような役割を果たすのか、医療と介護の連携という視点でも捉えられます。地域包括ケアシステムを街づくりと併せて進めることも考えられます。荒井正吾奈良県知事は、医療提供体制の構築に当たり、各地域が努力することが、日本の発展の原動力になると見る...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医論争論 2014に関する記事(一覧

企業の資金提供、もっと多くすべき-曽根三郎・日本医学会利益相反委員会委員長に聞く◆Vol.... 2014/2/20

起こるべくして起こった降圧剤論文問題-曽根三郎・日本医学会利益相反委員会委員長に聞く◆Vo... 2014/2/18

降圧剤論文の「犯人探し」では解決せず-曽根三郎・日本医学会利益相反委員会委員長に聞く◆Vo... 2014/2/13

奈良県立医大に「医師ハローワーク」-荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.3 2014/2/4

地域の努力の差が医療提供体制の差に-荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.2 2014/1/28

「医療界は自由放任主義でいい」は誤り-荒井正吾・奈良県知事に聞く◆Vol.1 2014/1/21

医学部新設、ほぼ100%実現する-村井嘉浩宮城県知事に聞く◆Vol.3 2014/1/10

次の改革対象は支払基金の可能性-八代尚宏・国際基督教大学教養学部客員教授に聞く◆Vol.3 2014/1/8

複数の候補による競争を期待-村井嘉浩宮城県知事に聞く◆Vol.2 2014/1/2

「医師になりたいわけではない」-草間朋子・日本NP協議会会長に聞く◆Vol.2 2013/12/27

「総合診療医」を医師会に任せて良いのか-八代尚宏・国際基督教大学教養学部客員教授に聞く◆V... 2013/12/25

医学部新設、安倍総理の理解で実現-村井嘉浩宮城県知事に聞く◆Vol.1 2013/12/20

国家戦略特区の「保険外併用療養の拡充」は進歩-八代尚宏・国際基督教大学教養学部客員教授に聞... 2013/12/18

NPへの道、まだあり得る-草間朋子・日本NP協議会会長に聞く◆Vol.1 2013/12/16