m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>法案提出目前も、問題多々の“事故調”案

法案提出目前も、問題多々の“事故調”案

全国医師連盟シンポ、法案審議などに注視を

2014年2月10日 橋本佳子(m3.com編集長)


全国医師連盟が2月9日に開催した「第3回医療事故調シンポジウム」で、シンポジストは異口同音に、いまだ厚生労働省の“医療事故調”案には問題点が多いことを指摘した。厚生労働省の“医療事故調”法案は、既に自民党の関係部会での議論を経ており、今国会に提出される予定だが、同法案には曖昧な点があるため、法案審議、さらには今後、施行規則やガイドラインが定められる際には、注視していく必要性が改めて強調された。全国医師連盟代表理事の中島恒夫氏は、シンポジウムの冒頭、「厚労省の“医療事故調”案(以下、厚労省案)の制...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。