m3.com トップ>医療維新>医師調査|安倍晋三政権...>保険者の診療関与「一定程度必要」、勤務医の55%◆Vol.6

保険者の診療関与「一定程度必要」、勤務医の55%◆Vol.6

診療実績など「公開不要」は25%

2014年2月21日 池田宏之(m3.com編集部)


Q10では、2013年3月に、安倍政権が環太平洋経済連携協定(TPP)に交渉参加を決定したことを踏まえて、米国型医療の4つの特徴が、日本にも必要かを回答してもらった。Q.10-1受診する医療機関の制限は必要と考えますか?まず「受診する医療機関の制限」の必要性について聞いた。民間保険が主流の米国では、受診可能な医療機関を限定している保険が多い。最も多かったのは「状況に応じて必要」で53.9%だった。日本でも、2014年度の診療報酬改定で「主治医機能」の評価が決まり、「かかりつけ医」制度が推進されて...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事