m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“事故調”、異例の前提で法案提出

“事故調”、異例の前提で法案提出

公布後2年以内に改正、議論はこれからが正念場

2014年2月20日 橋本佳子(m3.com編集長)


「医療事故の調査の過程で作成されたメモなどが、紛争解決に使われるようになれば、医療事故の再発を防止するという目的が達せられなくなる。今後の議論の核心は、医療事故と、業務上過失致死傷罪を医療に適用するかどうかだろう」(自民党衆院議員の橋本岳氏)自民党衆院議員の橋本岳氏は、社会保障制度に関する特命委員会の委員長を務める野田毅・自民党衆院議員に、閣議決定前に二つの点を確認している。「“医療事故調”の議論は、医師法21条の改正が原点。21条と全く切り離した“医療事故調”案は、何の意味もない。刑事司法は今...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。