m3.com トップ>医療維新>医師調査|安倍晋三政権...>米国型医療より日本医療が長寿に貢献◆Vol.7

米国型医療より日本医療が長寿に貢献◆Vol.7

交渉より先に、国内制度見直しを求める声も

2014年2月24日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.12日本型医療と米国型医療のどちらが、寿命の長さに貢献していると考えますか?Q12では、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加決定を踏まえて、「日本型医療と米国型医療のどちらが、寿命の長さに貢献しているか」を聞いた。圧倒的に多かったのは「日本」で75.9%となった。米国と答えたのは、わずかに0.4%で、勤務医の2人のみ。開業医会員で「米国」と答えた人はゼロという結果になった。2013年のWHO(世界保健機構)の統計では、日本の寿命83歳に対して、米国は79歳で、実際に日本の寿命は長いことや...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事