m3.com トップ>医療維新>医師調査|安倍晋三政権...>適応外処方の容認、半数が希望◆Vol.8

適応外処方の容認、半数が希望◆Vol.8

規制改革「現状以上に」は20%強にとどまる

2014年2月26日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.13適応外処方を医師の裁量で認める(保険審査で査定されない)ルールの導入をどう考えますか?Q13では、国家戦略特区で規制改革議論が進む中、保険外併用療養がテーマになっていることを踏まえて、一例として、「適応外処方を医師の裁量で認める」ルールの導入可否を聞いた。最も多かったのは、「認めるべき」の49.2%。次いで「どちらとも言えない」30.6%、「認めるべきではない」が20.2%という結果となった。日本では「55年通知」で、保険収載された一部新薬などについて認められているが、海外では薬事承認と...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事