m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>“若月先生の精神”を石巻で実践 - 長純一・石巻市立病院開成仮診療所所長に聞く◆Vol.1

“若月先生の精神”を石巻で実践 - 長純一・石巻市立病院開成仮診療所所長に聞く◆Vol.1

被災地支援と医師養成の両論で展開

2014年3月6日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


――先生は、2012年5月の診療所オープン時から、石巻で診療を続けておられます(『佐久総合を離れ、石巻に来たわけ』を参照)。石巻にはゆかりはあったのでしょうか。いえ、ありません。僕は東京で生まれ、関西で育ち、信州大学を卒業した後は、計19年間、佐久総合病院(長野県佐久市)に籍を置きました。うち3年間を東京の健和会、計11年間は附属の診療所にいたので、病院にいたのは5年にすぎません。長純一氏は、地域医療に従事する医師の養成は、医学部の入試の段階から、その視点を踏まえて行うことが重要だとする。――震...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事