m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|東日本大震災...>南相馬での経験を癌治療につなげたい - 坪倉正治・東大医科学研究所研究員に聞く◆Vol.1

南相馬での経験を癌治療につなげたい - 坪倉正治・東大医科学研究所研究員に聞く◆Vol.1

3年間の始まりは「何か役に立ちたい」

2014年3月10日 聞き手・まとめ:池田宏之(m3.com編集部)


2011年5月から福島県南相馬市を中心に支援に入り、住民に対するホールボディーカウンター(WBC)による地域住民の内部被曝の検査を続けてきた東京大学医科学研究所研究員の坪倉正治氏。被災地で働くことになったきっかけや、キャリア、今後の医療の展望について聞いた。――東日本大震災発生時は、どこで働かれていたのですか。東京大学医学部を卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)で研修して、帝京大学血液内科を経て、震災発生当初は都立駒込病院で働いていました。2011年4月に、東大に戻る予定でした。専門医を取るくら...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事