m3.com トップ>医療維新>オピニオン|「医療を守る...>「第三者機関へのスイッチ押すのは管理者」

「第三者機関へのスイッチ押すのは管理者」

「医療を守る法律研究会講演会」で大坪厚労省室長

2014年3月10日 小田原良治(日本医療法人協会常務理事)


3月8日、鹿児島市の城山観光ホテルで、鹿児島県病院厚生年金基金主催の「医療を守る法律研究会講演会」が開かれた。大坪寛子厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長は、講演で、今回の“医療事故調”は、あくまでも「再発防止のための仕組み」であることを強調。質問に答える形で、「第三者機関への届け出のスイッチは、当該医療機関管理者」にあると説明。スイッチが入らないものを、遺族等の申し出により第三者機関が動くことはあり得ないと説明した。一歩踏み込んだ発言であり、私は座長として、「管理者がスイッチを押していないも...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事