m3.com トップ>医療維新>オピニオン|「医療を守る...>“医療事故調”メーリングリスト、発起人に40人超参加

“医療事故調”メーリングリスト、発起人に40人超参加

情報共有で「第2の大野病院事件」を防止

2014年3月11日 坂根みち子(「現場の医療を守る会」代表世話人、坂根Mクリニック院長)


3月8日鹿児島市で開催された「医療を守る法律研究会」の講演会において、私は、「現場の医療を守る会」を発足させ、今国会で法制化される“医療事故調”の問題点を現場の医療者にも共有してもらうため、期間限定のメーリングリストを立ち上げ、広く登録を呼びかける準備をしていることを説明しました(『第三者機関へのスイッチ押すのは管理者』を参照)。代表世話人は、私が務めます。今回の制度が動き出せば、直接の当事者は現場の医療者となりますが、“医療事故調”に対する現場の興味が薄れ、このままでは「第2の大野病院事件」の...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事