m3.com トップ>医療維新>オピニオン|「医療を守る...>「大野病院判決と医師法21条」「裁判所の証拠提出命令」

「大野病院判決と医師法21条」「裁判所の証拠提出命令」

21条は「外表基準説」前提の議論が必要

2014年3月12日 井上清成(弁護士)、山崎祥光(弁護士・医師)


3月8日、鹿児島市で鹿児島県病院厚生年金基金主催の「医療を守る法律研究会講演会」が開かれた(『第三者機関へのスイッチ押すのは管理者』を参照)。第1部の基調講演、第2部のシンポジストの講演の一部をお届けする。◆大野病院判決と医師法21条井上清成(井上法律事務所、弁護士)1.医師逮捕に至った原因-第三者事故調福島県立大野病院事件で医師が逮捕された原因は、“医療事故調”の誤った運用であった。(1)院外(第三者)委員会の開催、(2)外部委員の選任、(3)独自の医学的評価(再発防止策)を記載した調査報告書...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事