m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“医療事故調”、日本医療安全調査機構が名乗り

“医療事故調”、日本医療安全調査機構が名乗り

「職責を担う資格があると自負」と提言

2014年3月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医療安全調査機構は、3月25日の第3回運営委員会で、「医療事故の原因究明・再発防止に係わる医療事故調査制度の策定に向けて―法制化されるにあたっての提言―」を公表、今通常国会に法案が提出されている“医療事故調”において、同機構が第三者機関としての「職責を担う資格があると自負している」と明記、新制度でも中心的な役割を担う意向を表明した。法制化予定の“医療事故調”では、第三者機関として「医療事故調査・支援センター」を設置、医療事故の届出の受付、院内調査の評価、医療機関や遺族からの依頼による事故調査...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事