m3.com トップ>医療維新>オピニオン>2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.2

2014年度診療報酬改定を探る◆Vol.2

一般病棟7対1入院基本料適正化の影響と対策

2014年4月1日 水谷公治(株式会社ソラスト 病院経営サポート課)


2014年度の診療報酬改定において重点課題に掲げられた「医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実等」。それぞれの改定内容から見えるポイント6題を探っていきたい。1.在宅医療の見直しと診療報酬2.一般病棟7対1入院基本料適正化の影響と対策3.重症度、医療・看護必要度の見直しの影響はいかに4.短期滞在手術料等基本料3の見直しの影響は広い5.地域包括ケア病棟は、急性期だけがライバルですか6.診療所における地域包括診療料の算定は救世主となるか(1)適正化の背景今から9年前になるが、2005年の医療...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。