m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>秘密裏の“事故調”論議に現場から提言

秘密裏の“事故調”論議に現場から提言

医師、弁護士、政治家ら発起人67人でML

2014年4月3日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療者、弁護士や政治家など計67人が発起人となり、「現場の医療を守る会」が4月1日に発足、翌2日、厚生労働省内で会見を開いた。今国会に提出されている“医療事故調”法案(医療法改正法案)が、本来の目的である再発防止と医療安全につながらない懸念がある上、院内調査ガイドラインなどの詳細な制度設計が厚労省の研究班で秘密裏に進められていることを問題視。2005年の「有害事象の報告・学習システムのためのWHOドラフトガイドライン」に準拠した制度設計と、厚労省研究班の議論の公開などを求めるために、メーリングリ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事