m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研の調査に疑問続々、STAP論文問題

理研の調査に疑問続々、STAP論文問題

「小保方氏単独の研究不正」を認定

2014年4月3日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑について4月1日、「研究論文の疑義に関する調査委員会」(石井俊輔委員長:理研分子遺伝学研究室上席研究員)が調査報告書を公表し、理研の野依良治理事長らも同日会見した。電気泳動写真のレーンの画像の切り貼りについて「改ざん」、Nature誌の論文に、小保方氏の学位論文のものと酷似した画像があることついては「捏造」として、研究不正があったと結論づけた。理研は今回の報...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。