m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>ES細胞混入「可能性低い」と丹羽氏、検証実験へ

ES細胞混入「可能性低い」と丹羽氏、検証実験へ

STAP細胞存在「あくまで仮説」とも

2014年4月8日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑を受けて4月7日、論文の共著者で、理研における検証実験で研究実施責任者を務める丹羽仁史氏(CDB多能性幹細胞研究プロジェクトプロジェクトリーダー)らが会見し、検証実験の今後の方針や実験方法などを説明した(資料は、理研のホームページに掲載)。期間は約1年間で、7月末をめどに中間報告を出す予定。STAP細胞の存在について、丹羽氏は「あくまで1つの仮説」と述べた上...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。