m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>「自分以外による再現例ある」と小保方氏、STAP

「自分以外による再現例ある」と小保方氏、STAP

理研に不服申し立て、論文撤回は同意せず

2014年4月10日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑について、小保方氏が理研の調査報告について不服を申し立て、4月9日に大阪府内で2時間半にわたり会見した(『理研の調査に疑問続々、STAP論文問題』を参照)。会見では、代理人を務める三木秀夫弁護士が、質問を遮る場面が多く見られた上、Nature論文発表後の過ごし方や小保方氏が愛用していたとされる「割烹着」などの質問が出るなどして、論文に不正があると認定した理研...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。