m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研が不正防止策検討開始、STAP問題

理研が不正防止策検討開始、STAP問題

「1、2カ月」をメド、見通し不明な部分も

2014年4月11日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」の論文の不正疑惑について、理研が設置した外部有識者から成る「研究不正再発防止のための改革委員会」の第1回が開かれ、委員長に岸輝雄氏(東京大学名誉教授、新構造材料技術研究組合理事長)を選んだ。1、2カ月以内に提言などの結論をまとめ、理研の「研究不正再発防止改革推進本部」に報告するという。ただ、小保方氏が、理研の調査結果に不服申し立てしているため、見通しは不明確な部分が残る(『...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。