m3.com トップ>医療維新>医師調査|改めて問う、...>医薬分業「さらに推進」25%にとどまる◆Vol.2

医薬分業「さらに推進」25%にとどまる◆Vol.2

薬物治療と医療の分断に疑問

2014年4月15日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.2医療界全体にとって医薬分業はメリットがあると考えますか?Q2では、「医療界全体にとって、医薬分業にメリットがあるか」を、分業実施の有無を問わず、全員を対象に聞いた。「メリットがデメリットを大きく上回る」「メリットがデメリットを上回る」が計30.3%、「デメリットがメリットを大きく上回る」「デメリットがメリットを上回る」が計35.3%となり、「デメリットを感じる」会員の方がやや多い結果となった。デメリットが大きいとしたのは、勤務医26.6%(251人中67人)、開業医43.8%(251人中1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事