m3.com トップ>医療維新>医師調査|改めて問う、...>医薬分業「患者負担増」懸念が7割超◆Vol.3

医薬分業「患者負担増」懸念が7割超◆Vol.3

メリットは「在庫管理」「二重処方防止」など

2014年4月17日 池田宏之(m3.com編集部)


Q4では、医薬分業のメリットとデメリットを「医師の負担」「医療機関の負担」「患者関連」などの観点から、複数選択可能な方式で聞いた。全体では、医師や医療機関の負担軽減をメリットとして挙げる回答が目立った。デメリットについては「患者負担」「医療機関への経営」が多く、「患者負担の金銭的自己負担」や「患者が医療機関と薬局に行く手間」はともに、7割以上が懸念を示した。Q.4医薬分業のメリットは何ですか?(実施している人)医薬分業を実施している医師の回答で最も多かったのは、「医薬品の在庫負担管理」で81.8...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事