m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>STAP細胞「既知のものでない」と断言、笹井氏

STAP細胞「既知のものでない」と断言、笹井氏

管理責任認めるも「合理性の高い仮説」

2014年4月17日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子ユニットリーダーらがNature誌に掲載した「STAP細胞」論文の不正疑惑について、共著者の1人であるCDB副センター長の笹井芳樹氏が4月16日、東京都内で会見した(資料は、理研のホームページに掲載)。笹井氏は、論文の共著者としでデータのチェックなどが不十分であることを謝罪した上で、論文はいったん撤回するのが「最も適切」としたものの、STAP現象について「検証する価値がある合理性の高い仮説」「(論文の細胞は)今まで知られている細胞で...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。